吹き出物ナビ TOP → 吹き出物知識 にきびと吹き出物

にきびと吹き出物

ニキビと吹き出物は、基本的に別々のものとして分類されています。ニキビと吹き出物の違いについては諸説あります。思春期や10代の頃にできるものは「ニキビ」と呼び、大人になってからできるものは「吹き出物」といわれることが通説です。症状はどちらも似通ったものですが、ただ原因だけは少しばかり異なるようです。

例えば10代の方ですと、若いため皮脂が分泌されやすくなり、これがニキビの原因となります。油取り紙などで顔を拭かないと、すぐに顔がツヤツヤしてしまうという方などは、特にニキビになりやすいです。20代からの方ですと、化粧品・クリーム・美容液などを使用することで、お肌に油分が溜まりすぎてしまう結果、肌荒れによって吹き出物が出来てしまうのでしょう。このパターンだと、特に女性の方で悩まれている人が多いです。

若い10代に比べると、それ以降の成人が発症する吹き出物というのは、皮脂の分泌以外が原因で起こっているということになります。例えば新陳代謝の低下も要因の一つに挙げられますし、心因性のストレスなどによってホルモンのバランスが崩れてしまうことも原因としてあります。妊娠中の方にニキビが出来やすくなるのは、このホルモンバランスが崩れることが原因と言えるでしょう。

10代の方が単純に皮脂の過剰分泌だけが原因で起こすのが「ニキビ」、それ以外の要因で成人の方が起こしてしまうのが「吹き出物」という分類になるわけです。どちらも症状はほぼ同じですので、同一のものと扱っても問題はありません。

吹き出物知識


ホイールアライメントの調整
について