吹き出物ナビ TOP → 吹き出物知識 アクネ菌と吹き出物

アクネ菌と吹き出物

赤にきびの原因とされている菌のことをアクネ菌と呼びます。毛穴が詰まった状態や脂分が多い場所を好物としています。アクネ菌は酸素が苦手で、毛穴が詰まった皮脂を狙い繁殖していくのです。アクネ菌は放置しておくと増殖し、ニキビを悪化させてしまいます。ニキビが赤ニキビになっている状態というのは炎症を起こしてしまっている状態なので、不用意に患部を触ると潰れてしまって痕が残る場合もあります。

アクネ菌自体は常在菌というもので、どのような方でも肌の上に持っています。特に皮脂を好むため、皮脂の多い部分へ集中すると、そこから侵入してニキビになってしまうのです。つまり、皮脂を溜めないよう定期的に拭き取るなどしていれば、アクネ菌は繁殖しにくくなるというわけです。とはいえ、アクネ菌そのものは常在菌として肌の上に数多く存在するため、アクネ菌を永久に除外するというのは難しいかもしれません。

吹き出物が出来てしまった場合は、アクネ菌を殺菌することによっても治療できます。しかしこの際に強力な抗菌せっけんなどを使用してしまうと、アクネ菌以外の良性な常在菌を一緒に殺菌してしまうことになるため、逆に皮膚を悪くしてしまうケースがあります。要は脂分を除去できて、患部を清潔にすることが重要なので、使用するのなら低刺激せっけんにしたほうが良いでしょう。

アクネ菌は吹き出物・ニキビの原因となる、いわば原因菌です。アクネ菌は肌に存在する皮脂を好みますので、定期的に低刺激性のせっけんで顔を洗うなどして繁殖を防ぎましょう。

吹き出物知識


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!