吹き出物ナビ TOP → 吹き出物とニキビ ホルモンの影響

ホルモンの影響

皮脂の分泌が活発になると、皮膚は脂っぽく汚れやすくなります。毛穴には汚れや皮脂が溜まりやすく、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすくなる環境が整ってしまいます。結果、黒ニキビや白ニキビから、赤ニキビへと悪化してしまうこととなってしまうのです。この皮脂分泌が活発になる原因の一つに、ホルモンの影響が挙げられます。

若い方の皮脂分泌が激しいのには、成長ホルモンが関連しています。成長ホルモンは10代の思春期などに最も多く分泌されるため、この年代はニキビが多くなるというわけです。成長ホルモン自体は必要なものですし、これを抑えようとすると健やかな成長が阻害されてしまう恐れもありますので、成長ホルモンを抑止する必要はありません。ただし、10代は皮脂の分泌が溜まりやすいことを理解して、こまめに顔などを洗浄するようにしたほうが良いでしょう。

女性に関しては、生理前などにホルモンバランスが変化することは基本ですので、男性以上にホルモンが影響しやすいと言っても過言ではありません。妊娠期などにおいても、ホルモンバランスが変化することによって、吹き出物が出来てしまうケースも多々見受けられます。妊娠期に薬剤を使用することはあまり好まれませんので、出来る限り洗顔などで吹き出物の出来にくい環境を作りましょう。

ホルモンの影響は、多かれ少なかれ、誰にでもあるものです。ホルモンを除去するということは出来ませんので、ホルモンバランスが乱れたとしても、上手く付き合っていけるよう対策を練りましょう。

吹き出物とニキビ


アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/