吹き出物ナビ TOP → 吹き出物の種類 おしりの吹き出物

おしりの吹き出物

おしりに吹き出物ができて悩んでいる人や、治したいけれども病院にいくのは恥ずかしくて治せないという人が、世の中にはたくさんいらっしゃいます。場所が場所ですので、気持ちは解らなくもないのですが、放置していても良くなることはほとんどありません。むしろ重症化したり、一旦は落ち着いてもすぐ再発したりと、厄介な性質を持っているのです。医師はプロであり、疾患に対処することに関しては慣れていますので、恥ずかしがらずに治療してもらいましょう。

おしりにできる吹き出物の種類は、大きく二種類に分けられます。まず通常の吹き出物は、顔などにできる吹き出物とそのまま同じものです。しかしもう一種類はアテローマといい、またの名を粉瘤腫とも呼ばれるもので、通常の吹き出物とは違った性質を持っています。

アテローマは非常に感染力が強く、細菌と共に感染すると、患部に炎症を起こしてしまいます。その際には痛み・腫れを起こし、また自然に治らない疾患であるため、切開治療を行わなければならなくなります。初期症状だと触れた時に「しこり」のような違和感がある程度で、痛みも無く気づきにくいです。アテローマが進行し、患部が徐々に大きくなって初めて気づくことになるでしょう。

おしりに吹き出物が出来た場合、通常の吹き出物なら治療の仕方は変わりませんが、アテローマである場合は変わってきます。診察を受けるのが恥ずかしい箇所であるのは確かですが、それでも医師の診断を受けたほうが良いです。

吹き出物の種類


ランタス 添付文書
ランタスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!