吹き出物ナビ TOP → 吹き出物の種類 赤ちゃんの吹き出物

赤ちゃんの吹き出物

吹き出物には様々な種類がありますが、特に赤ちゃんに出来る吹き出物は多彩な種類を持っています。生後1週間から2週間ほどの赤ちゃんのほっぺや額には、新生児座瘡という吹き出物が発症することがあります。これは新生児ニキビと呼称される吹き出物で、痛みやかゆみなどはありません。しかし見ているほうは不安感に駆られますし、出来るだけ清潔にするようにして、発症させないよう心がけましょう。

また赤ちゃんの吹き出物に関しては、母乳が影響していることも多々あります。例えば母乳を与えるお母さんが甘いもの好きで、いつもチョコレートを食べていたりすると、その母乳を飲んだ赤ちゃんに吹き出物が出ることもあります。絶対に吹き出物が出来る、というわけではないのですが、吹き出物が出来てしまう可能性は高くなります。甘いものだけでなく、母乳には薬剤などの成分も出てしまうことがありますので、授乳期のお母さんは食生活に気をつけたほうが良いでしょう。

赤ちゃんには粟粒腫という、吹き出物に似たブツブツが出てくることもあります。これは低刺激性のせっけんなどを使って清潔にしていればそのうち無くなるので、それほど心配する必要もありません。しかしながら、患部を清潔にしているのにいつまで経っても治らない、前より酷くなっている気がする、という場合は、小児科へ受診したほうが賢明でしょう。

赤ちゃんにも吹き出物が出来ることはあります。清潔にしていれば予防・改善は出来ますので、常に清潔にするよう心がけましょう。

吹き出物の種類


抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐をお考えならおしゃれで機能的なsun&beach!